仕事を辞める・会社を辞める前に転職活動すべき理由

転職活動が長期化する傾向が見られています。スキルアップを目指して転職に踏み切る人や、職場の待遇に不満を感じ、自分の実力を認めてくれそうな企業に転職することを目標にする人もいます。いざ転職活動を始めてみたところ、なかなか仕事が決まらず、長期戦に突入してしまうケースが後を絶ちません。うまく行くと信じて疑わずに始めた転職活動が、3か月、半年、1年と長期化してしまったというケースもあります。だれでも転職活動を円滑に行いたいと思うものですから、そのために必要な情報を得ておくのは大切です。

辞めたから転職をする人の誤算

転職活動を始めたものの、転職がうまくいかず、失業状態が続いてしまう場合があります。数社の面接を受けたものの、採用通知が届かず、モチベーションが下がってしまうケースや、書類選考で落ちてしまい、自信を失ってしまうケースもあります。数回程度であれば、持ち直すこともできますが、なかなか採用されない状態が続いてしまうと、焦りを感じるようになり、それが転職活動の失敗につながります。失業保険の受給期間の満了が近づいてくると、余計にストレスに感じてしまいます。早期退職で退職金を積み増しされた人でも、安定した収入源がないと、結局退職金を切り崩していくことになるため、やがては生活に対する不安が生じます。

失業期間が長引くと、転職活動に別の影響が及びます。採用企業側は失業期間も採用の判断基準にします。その1つが報酬です。転職期間が短い場合、採用企業側はある程度の報酬を提示して、人材確保に努めます。しかし失業期間が長い人になると、報酬額が目減りする傾向があります。失業期間が長い人ほど何が何でも就職したい、という気持ちが高まるためです。言い換えれば、失業期間が長い場合、採用企業はある程度強気になっても大丈夫という考えになるのです。辞めてから転職をするのが難しい理由はそこにあります。

仕事を辞めてから転職活動をする場合、失業期間は短い方が有利です。失業保険を受け取ってからゆっくり転職をしよう、と考えている場合には注意が必要です。これまでの職場である程度のスキルを身に着けてきたとしても、失業期間によっては意味をなさなくなってしまうこともあり得るからです。食品の鮮度と同じで、転職活動もスピードが命です。

キャリアは継続することが社会的信用につながる

何度面接をしてもなかなか採用されない状況が続くと、転職活動のやる気を失ってしまいます。もうだめかもしれない、という気持ちを持ってしまうと、負のスパイラルに陥ってしまい、自信をさらに失ってしまいます。モチベーションが下がった状態で面接に臨むと、面接官はやる気のなさや、自信のなさを感じ取るため、この人を採用するのはリスクが高い、と判断してしまう可能性があります。失った自信を取り戻すのは簡単ではないので、安易に退職をして新たな仕事を探すのは避けた方が良いでしょう。

失業期間が長引くと、書類選考に通る可能性が減少します。これは失業者への偏見が関係します。採用担当者は、失業期間が長い応募者について消極的な判断をしがちです。他の企業が採用してこなかった人なのだから、きっと何か問題があるに違いない、と考えてしまいます。結局慎重に判断したほうがいい、となってしまいます。これらの理由を考えると、今の仕事を辞めてから転職活動に入るよりも、在職中に転職活動をした方が有利だということが分かります。

在職中に転職活動をすれば、ブランクなしで希望する企業へ転職できます。これまで築いてきた立場やスキルを認めてもらいつつ転職ができるので、報酬がダウンする可能性は少なくなりますし、報酬がアップすることもあり得ます。書類選考や面接で不採用になったとしても、失業の事実が分からないので、企業の採用担当者に勘ぐられる心配はありません。スキルによっては転職に有利になるので、採用担当者の目に留まりやすく、採用される可能性が高くなります。自分の能力を認めてもらえれば、その分自信もつきますし、新たな仕事に就く際のモチベーションもアップします。

在職中の転職活動は大変だ、と思うかも知れません。仕事を辞めてから転職活動をするのは、時間を作るためだ、と反論する人もいます。会社を辞めてから転職する方が、時間的な余裕が生まれるのは事実ですが、いきなりたくさんの自由な時間ができると、スケジュールの立て方が分からなくなり、かえって無駄に時間を過ごしてしまう可能性があります。忙しくしているからこそ時間を作り出せるので、在職中の方が効率的に転職できるのです。転職エージェントの力を借りるなら、転職活動はさらに効率的になります。エージェントに求人情報を確認してもらったり、面接予定などのスケジュールを組んでもらったりできるので、その分時間的な余裕があります。ですから在職中でも無理なく転職活動を進められるのです。