確実に転職を成功させるため、現在の職場を辞めずに転職活動に励む人が増えています。仕事を辞めてしまうと、短期間でも失業していることになってしまうため、イメージダウンを避けるためにも、ブランクをおかずに転職できる方法に注目が集まっています。在職中に転職活動をするためには、スケジュールをしっかり立てることや、今の仕事との平衡を保つことなど、求められるハードルがいくつもありますが、メリットを考えると、取り組んでみる価値は十分にあります。

働きながら転職活動する人の声

働きながら転職活動をしている人の声をまとめてみました。20代の女性は在職中に医薬品メーカーへの転職をしました。「働きながら転職活動をするメリットは、収入が途絶えないので、経済的なストレスが無いことです。社会人として自立したいと願っていましたので、これまでの職場を辞めないことで、安心して転職活動に向き合えました。親に頼らずにできたので、自分に対する自信を強く持てるようになりました。」収入が途絶えないのは大きなメリットだということが分かります。

20代の男性は、IT関連企業への転職を成功させました。新卒での入社後、さらに自分に磨きをかけるため転職に踏み切りました。「もともと意志が強くないので、仕事を辞めてしまうとニートになってしまうのではないか、という不安がありました。自分の弱いところを良く知っていたので、あえてそれとは反対の方向に進むことにしました。これまでの仕事を辞めずに、転職活動をした結果、自分に甘えることなく、希望の職種に転職できたのが良かったです。」自分のウィークポイントを踏まえたうえで、在職しながら転職活動をしたのが良かったということが分かります。

採用担当者の見方も気になります。在職中の人が応募する場合と、失業中の人が応募するケースについて、次のコメントを出しています。「失業しているスパンが長いと、採用担当者としては、その人に対する不安を感じてしまいます。なぜ長い間仕事に就けなかったのか、他の企業でも採用されなかったのだから、何か訳があるに違いない、と勘繰ってしまいます。どちらかといえば、失業期間がない人の方を優先的に採用したいと、思うのです。」採用担当者の音として、働きながら転職する方が信頼を得やすいということです。

働きながら転職活動の成功のポイント

働きながら転職活動を成功させるには、自己管理が大切です。今の仕事と、転職活動にかけるための時間配分を効率的に行ない、決めたことを守る姿勢を貫きましょう。転職活動に時間をかけるので、自分のための時間が取れなくなりますが、一時的な投資ととらえても区報の実現に全力で取り組むようにします。転職する時期を定め、必ずその時までにやり遂げるという強い意志を持つことが成功につながります。

辞めたから転職活動する人の声

辞めてからじっくり時間をかけて転職をしたい、という人もいます。スケジュールを積み込みすぎて、キャパシティを超えてしまい、結局なにもできなくなってしまった、ということがないようにしたいという人に向いています。サービス業への転職を決めた30代の男性は、「会社を辞めてから転職活動ができたので、時間的にゆとりがあり、腰を据えて転職活動に向き合えたのが良かったです。空いた時間は希望する企業を前もって調べるために充てることができたので、納得のいく転職活動ができました。」時間的なゆとりを上手に活用した事例です。

医療関連企業への転職を決めた20代の女性は「どちらかというと引っ込み思案なところがあるので、仕事と転職活動を両立させることを職場の上司に伝えることに躊躇しました。前もって職場に辞職願を出してから、転職活動に切り替えることができたので、精神的にゆとりを持って活動に打ち込めたのが良かったと思っています。」と述べています。自分をよく分析して、最適な方法を探すのが成功につながるというのが良く分かります。

辞めたから転職活動の成功のポイント

今の職場を辞めてから転職活動に入ることで、自由な時間が生まれます。時間を上手に活用すれば、転職をスピーディに成功させることができます。辞めてから転職活動をする場合、時間が勝負です。失業期間が長引けば長引くほど、自分にどんどん不利になっていきます。スケジュールをしっかり立てて、自己管理を行ない、転職活動に向き合いましょう。

失業期間であっても、スキルアップのために資格の取得などに励むことで、ブランクに関する面接官の質問に対しても堂々と肯定的な答えができます。時は金なりといいますが、失業期間中は時間があっという間に過ぎてしまうものです。もし辞めてから転職活動をする場合は、今のうちに、自己管理を徹底しておきましょう。失業保険の支給開始までに3か月のブランクが生じますので、その分の経済的な穴埋めをしておくことも大切です。計画的に行なえば、良い結果が出ることでしょう。