仕事を変えたいと思うようになる理由は様々です。職場の人間関係をリセットしたい、仕事の内容が自分にはどうしても合わないので、自分に合った仕事がしたい、収入をもっと増やしたい、といった理由があるかもしれません。転職をするのは決して恥ずかしいことではなく、もしかしたら今の職場の上司や同僚の中にも、転職組の人がいるかもしれません。しかしなら、転職活動に入る前に、注意しておかなければいけないポイントもあります。勤務しながら転職を成功させた人の成功例から学ぶことが大切です。

転職活動をしていることは誰にも言わない

転職活動をしていることを職場の同僚に知られないようにしましょう。同僚以外の人であれば話しても構わないですが、少しでも職場の人とつながっている可能性のある人には、転職活動をにおわせないようにしてください。この人なら信頼できるから大丈夫、とは思わないようにしましょう。もしかしたら、軽はずみに他の同僚や上司に話してしまう可能性がないとは言い切れないからです。なぜ職場の同僚に知られないほうが良いのかというと、一度でも転職に関する情報が漏れてしまうと、それ以降働きにくくなってしまうからです。

陰湿な嫌がらせをすることはないとしても、嫌味を言われたり、意地悪をされてしまったりする可能性は十分にあります。たった一言で自分を不利に追いやってしまう可能性があるのですから、転職活動期間中は、他言しないように気を付けましょう。話すのは家族くらいにとどめておく人もいます。口が軽い人は要注意です。飲み会などでうっかり話してしまうことがないようにしましょう。転職活動期間中は付き合いをできるだけ避けることで、自分を守れたという人もいます。

仕事場で転職サイトや情報誌は見ない

転職活動の情報を漏らさないために、仕事場で転職サイトを見たり、情報誌を読んだりしないように注意しましょう。転職活動を始めると、習慣的に転職サイトにアクセスしてしまうのは良くあることです。スマートフォンやタブレットで見る場合にも注意しましょう。どこでだれが盗み見しているか分からないからです。休憩中にスマートフォンで転職情報を見ていたところに、同僚が上司が突然やってくることもあるかもしれません。

転職情報誌や転職関連の実用書なども閲覧には注意が必要です。仕事の時はそれらのや雑誌を一切持参しないことにした、という人もいます。電車の中で読んでいる姿を他の同僚や上司に目撃されないとは言えないからです。職場のパソコンを使って、転職サイトにアクセスするのもやめた方が良いでしょう。履歴に残ってしまいますし、サーバー管理者が定期的にアクセスログを調べて、どんなサイトにアクセスしているかがまるわかりになってしまうからです。

面接は休みか仕事終わりで調整

在職中に転職活動をしていると、どうしても面接の予定を入れなければならなくなります。仕事が忙しくないから、といった理由で勤務日に面接の予定を入れてしまうと、残業や突発的な仕事が発生した際に、調整できなくなってしまうからです。在職中の場合はできるだけ休みの日に面接を入れるようにしてください。転職エージェントを利用している場合、自分の予定をあらかじめ伝えておくことで、適切なスケジュールを組んでくれます。募集企業側の採用担当者には転職エージェントがコンタクトを取り、休みの日に面接をしてもらえるように調整してもらうといったことも可能です。

服装にも注意が必要です。面接ではきちんとしたビジネススーツを着用するものですが、勤務先によっては、スーツを着用しない所もあります。そのような職場では、スーツを着用していくと不自然に思われてしまいます。面接官は服装や身づくろいにも注意を向けるものです。日中仕事で着用したスーツは終業時点で、しわなどが目立ってしまうことも珍しくありません。面接で良い印象を与えるためには、きちんとした服装も大切です。休日に面接の予定を入れておけば、このような事態は避けられます。仕事が終わってから面接に向かう場合は、スーツを別に用意しておいて、コインロッカーなどの保管しておくという方法もあります。くれぐれも勤務時間中に面接の予定を組まないようにしましょう。

面接では転職の意思を明確に提示する

転職活動で大きなハードルになるのが面接です。面接ではどんな質問をされるのか、どのように質問に答えたらよいのか、不安になってしまうものです。面接対策を徹底的に行ない、心の準備を整えておくことで、面接を上手にクリアできるようになります。在職中の方が面接に臨む場合、今の仕事の状況を伝えるべきか迷ってしまうかもしれません。何も言わなければ隠し通せると思うかもしれませんが、職務経歴書には今の職場についての情報を記すため、結局相手にわかってしまいます。転職に成功した人たちの経験によると、今の職場について面接で伝えるのは、マイナスにはなりません。在職中だということを伝えておけば、採用担当者が採用時期を配慮してくれるなどのメリットがあります。ですから面接では転職の意思を明確に提示するのが大切です。