新卒社員が転職をするメリット

新卒社員が転職をするメリットはあまりないように思えます。どうしてもマイナスのイメージがつきまといますし、即戦力としてあまりあてにならないからです。しかし一方では新卒2~3年以内に退職したサラリーマンを第二新卒を呼んで積極的に採用する動きも出てきています。つまり新卒からまもなく退職した人材に対してメリットを見いだす企業も増えているのです。

新卒社員が転職するメリットはまず転職先の選択肢が多いことでしょう。キャリアを積めば積むほど転職に有利になるイメージもありますが、必ずしもそうとはいえない面もあります。年齢を重ね、特定の分野でのキャリアを積んでいるほど選択肢が狭まってくるからです。職場のミスマッチが原因で辞める場合、思い切ってこれまでの会社とはまったく異なる業種へチャレンジする方法もありますが、年齢を重ねるとそれが難しくなってくるのです。望まない職場で我慢して働き続けたにも関わらず、むしろそれが原因で新天地への転職がうまくできなくなってしまうケースもあるわけです。それに対して新卒社員の場合、年齢が若いうえに中途半端なキャリアを持っていないためさまざまなジャンルへチャレンジする機会に恵まれているのです。もちろん、キャリアがない分転職先で一生懸命がんばる必要があるのは言うまでもありません。

即戦力という点ではあまり期待できない一方、社会人としての最低限の常識・マナーを身につけている点も企業から見て大きなメリットとなります。新卒社員なら入社直後にさまざまな新人研修を受けたのを覚えているはずです。これらの研修や教育はすべて会社側がお金を出して行われるものですから、かなりの負担となります。新卒社員ならこうした機会を通して一から社会人としての常識・マナーを身につけさせていく必要があるわけですが、第二新卒の場合はそういった必要がなく、人材育成の負担を大幅に減らすことができます。まだ社会人としてスタートは切っていないものの、準備運動はしっかりできている、といったところでしょうか。

逆にある程度のキャリアを重ねた人材の場合、前の職場の常識や習慣、理念に染まってしまっているケースがよく見られます。そこからなかなか抜け出せない、あるいは仕事はできるのに会社の習慣に適応できないといった事情からうまくいかないことも多いのです。第二新卒の場合はそこまで染まっていない段階ですから、育てやすい点においても企業側はメリットを感じるわけです。

新卒社員が転職をするデメリット

しかしやはりデメリットもたくさんあります。転職活動を行っていく際にはこのデメリットをどれだけカバーできるかが鍵となるでしょう。最大のデメリットはやはり冒頭でも触れたイメージの悪さでしょう。新卒から入社してすぐに辞めてしまった場合、どうしても「根気がない」「頑張りが利かない」「我慢できない」といったイメージが付きまといます。そうなると採用を検討する側も「採用してもちょっと不満を感じただけですぐにやめてしまうんじゃないか」と考えてしまいます。メリットのところで第二新卒は新卒に比べて人材育成の負担が少ないと書きましたが、それでも一人前の人材として通用するまでには時間とお金がかかります。すぐに辞めてしまうのではこうしたお金と手間がまったく無駄になってしまうわけです。それならもっとお金と時間がかかっても長く働いてくれる新卒の方がいい、と考えてもおかしくありません。

新卒に対して年齢面でのデメリットもあります。とくにこれまで働いていた業種とはまったくことなる職場への転職を目指す場合には新卒よりも2~3歳年齢が上なのは大きなデメリットです。業者が異なると求められる常識やマナーも異なってくるため、第二新卒が身につけていたものがあまり役立たない可能性もあります。そうなると改めて教育するのに時間がかかる分、新卒よりも不利になってしまいます。

このように、新卒社員が転職を目指す場合にはメリットとデメリットが共存しています。また両方が背中合わせになっている面もあります。ですからメリットを最大限に引き出し、デメリットをカバーできるような転職活動と自己アピールを行っていくことが重要です。第二新卒に付きまとうイメージに関しては仕事に対する熱意ややる気、自分の適性などをアピールすることでかなり払拭することができます。また転職先の仕事内容や業界全体の動向などをしっかり調べた上で志望動機に盛り込めば好印象をもたらすこともできるでしょう。

新卒ですぐに辞めてしまった場合、どうしても負い目を感じながら転職活動を行ってしまうものですが、メリットもあること、それをうまく活用すれば新卒やもっとキャリアがある中途採用組よりも有利になれることも踏まえたうえで転職の準備を行っていくとよいでしょう。そのためにも新卒の就職活動以上に自分の適性を踏まえ、将来のビジョンをしっかり見据えた活動が求められます。