在職中に転職活動をする人が増えていますが、在職中の転職活動でネックになるのが就業時間に面接などの予定が入ってしまうことです。職場にばれないように転職活動を続けている人であれば、同僚や上司から疑われかねない行動は差し控えたいと思うでしょうし、仕事が忙しくて休む時間を取るのが難しい状況にある人もいることでしょう。会社を休まずに転職活動ができればその方がいいに決まっていますが、どうすればそれができるのか分からないという人も少なくありません。

会社を休まずに転職活動をする方法

会社を休まずに転職活動をする方法は幾つかあります。まずできることとして、在職中であることを明らかにしましょう。転職サイトを利用して求人情報を探している場合、転職エージェントのサポートを活用している人がほとんどかもしれません。転職エージェントに前もって自分の立場を明らかにしておくと、こちらの予定に合わせてスケジュール調整をしてくれます。早めに先手を打っておけば、問題を複雑にせずに済みます。応募する場合には、応募先の企業に対して在職中である旨を知らせておくのも良い方法です。募集企業側もこちらの意思を尊重して面接などの日程を調整してくれる可能性が高くなります。

予定が空いていると思っていたのに、急な案件が舞い込んできたりして予定が埋まってしまう場合もあります。面接をその日に入れていたのに、ダブルブッキングになってしまい身動きが取れなくなってしまうこともあるかもしれません。そのような場合は、募集企業に状況をはっきり伝えるようにしましょう。募集企業側もこちらの状況をある程度尊重してくれる可能性があります。伝えにくいと思う場合には、転職エージェントを介して伝えてもらえるかどうかを試してみましょう。

転職活動のために会社の休みを取る方法

転職活動で面接日程が平日になってしまうことはよくあります。日程をずらせれば問題ないのですが、そうも行かない場合があります。有給を使って休みが取れればいいのですが、うまく取る方法がないものかと悩んでしまうかもしれません。休みを取る方法を幾つかまとめてみました。

病気を理由に欠勤する

病気やけがを理由に会社を休むことにしよう、と思うかもしれません。思いつきやすい理由ですが、病気などを理由に欠勤するのは使うことができても1、2度程度です。病欠で休みを申請したものの、面接に行く途中で会社の同僚に目撃されてしまったら完全にアウトです。リスクを考えるとあまりおすすめはできません。

有給休暇を申請する

平日の面接のために休みを取りたいと思うなら、この方法が無難です。有給休暇をすぐに取得できれば良いのですが、企業によっては有給休暇を取得しにくい場合があります。職場で有給を取得する人がほとんどいない場合にはなおさらです。周りに気を遣いすぎると、ますます有給休暇を取得しにくくなってしまいます。有給休暇を申請するときは、ある程度の思い切りが必要になります。

有給休暇を取得する場合、同僚や上司から根掘り葉掘り尋ねられるかもしれません。今まで一度も取ったことが無いのになぜここに来て有給を取得するのか、とか、これまでだれも有給なんて取ったことが無いのによく有給なんて取得できるな、といった圧力をかけてくる可能性があります。いろいろ言い訳したくなるかもしれませんが、ぐっとこらえて多くは語らないようにしましょう。転職活動は自分のためにしている訳ですから、時には自分の希望を優先させる必要があります。やがては辞めることになる会社、と割り切る姿勢も大切です。

在職中の転職活動のスタンス

在職中に転職活動をすると、様々なハードルが待ち受けています。休暇を取得したり、周りにバレないようにしたり、と気を遣わなければならない分野が多々ありますが、そこを乗り越えることが大切です。自分の意思を貫く姿勢は大切ですが、スマートに振る舞うことも大切です。可能であれば有給休暇などを取得せずに面接日程を組むなど、フレキシブルな計画を立てれば、ストレスになる状況を回避できます。

転職サイトを利用しているなら、転職エージェントのサポートも申し込むようにしましょう。在職中に無理なく転職活動をするには、転職エージェントのサポートが欠かせません。例えば面接の日程を調整したい場合、転職エージェントを通じて募集企業側の採用担当者に日程の調整の依頼を申し込むことができます。転職エージェントは、同様の事例をいくつも経験していますので、私たちよりもスマートに予定を調整できます。利用できるサービスを積極的に活用するだけで転職活動を楽に行なえるようになります。

転職活動をしている人にもある程度の努力が求められます。例えば企業情報をリサーチするために、コーポレートサイトを見たり、口コミの情報を確認したりする必要があります。求人情報を自分である程度リサーチして、自分にあった職場を探すことも必要です。