仕事を辞めずに在職中の転職活動は転職エージェントを活用する

在職中の転職活動をスムーズに進めるため、転職エージェントに依頼する人が増えています。テレビコマーシャルや電車の窓上広告、ドア横ステッカーなど様々な場所で転職エージェントの宣伝や広告が見られます。転職エージェントの知名度が上がり、気軽に活用できることが知られたため、利用者が急増しているのです。これから転職活動を始めようと考えている方の中には、転職エージェントを利用して在職中に転職活動をしてみたい、と思っている人もいることでしょう。転職エージェントを活用すれば、転職が有利に進むのは事実ですが、利用するメリットだけでなくデメリットも知りたいと考えている人もいることでしょう。在職中に転職エージェントを利用するメリットとデメリットについてまとめてみます。

在職中に転職エージェントを活用するメリット

在職中に転職エージェントを活用するメリットに、スケジュール管理を代行してもらえるという点があります。転職エージェントは転職希望者ができるだけ早く転職できるようにするため、あらゆる手を尽くしてくれます。スケジュール管理はその1つで、特に忙しいとされている在職中の転職活動を効率的に進めるために、求人情報の選択から面接の段取りまでのスケジュールを管理してもらうことができます。もし1人で転職活動をするとなると、それらのことを全て自分でしなければならなくなるため、スケジュールが複雑になり、面接のダブルブッキングなどのミスを犯しやすくなります。転職エージェントは、これまでたくさんの転職をサポートしてきた経験や実績を持っているため、安心して依頼できます。

非公開求人を探してもらえる

転職エージェントを活用するメリットに、非公開求人情報の収集があります。非公開求人情報とは、募集企業側が一般の求人情報には掲載しないものを指しています。非公開求人情報は企業と転職エージェントとの信頼関係に基づいて提供されることから、高待遇な求人情報が豊富で内定を取りやすくなるというメリットもあります。在職中の転職はスピード感が大切ですが、非公開求人を効率的に提供してくれるため、スピーディーに内定まで進むケースが多く見られます。

企業情報の収集

在職中に転職エージェントを活用する別のメリットに、企業情報を収集してもらえるという点があります。企業情報の収集を自分だけでするのはかなりハードルが高いですから、代わりに行なってもらえるのでとても助かります。転職エージェントは企業の採用担当者との太いパイプを持っていますし、これまでの転職事例を通じて、様々な企業の情報を持っています。一般には知られていない企業風土や、職場の人間関係、昇進や待遇などの情報も持ち合わせている場合が多く、求人情報を収集する際に非常に役立ちます。在職中であれば、転職活動に充てられる時間は限られるため、自分に代わって情報を集めてもらえるのは、とても助かるのではないでしょうか。得られた情報をもとに、転職後の対策なども立てやすくなります。

不採用になった場合の情報公開

転職エージェントを活用することで、万一不採用になった場合の理由を教えてもらえます。転職エージェントは企業の採用担当者からの情報を持っていますので、不採用になった場合、どこがいけなかったのか、どのような点を改善すればよいのか、といった情報を提供してもらえます。これらの情報を参考にして、次の面接に備えられますし、転職活動の方向性を早期に立て直すこともできます。在職中であれば、時間を効率的に活用したいと思うでしょうから、転職エージェントによる情報のフィードバックは助けになることでしょう。

在職中に転職エージェントを活用するデメリット

在職中に転職エージェントを活用する際のデメリットもあります。転職エージェントは基的に無料で利用できるサービスです。無料になる理由は、応募者が採用された場合に募集企業から転職サイト側に成功報酬が支払われるからです。つまり採用されれば報酬が支払われますが、不採用の場合は報酬は支払われないことになります。転職エージェントは転職サイトのスタッフですから、それぞれ一定のノルマや目標が設定されています。特定の期間にどれくらいの人の転職を成功させたかといったことがノルマになるケースが見られます。そのため、ノルマを達成するために利用者の希望を優先するよりも、転職エージェントにとって転職させやすい企業を紹介することで、自分の利益を優先させる可能性があります。

転職エージェントはボランティアではないので、もし転職活動が長引いてしまう場合、何が何でも就職させようとして、希望とは相いれない求人情報を提供するようになるケースも見られます。転職エージェントも得手不得手がありますし、個人差もありますので、人によっては相いれないこともあるかもしれません。その場合は転職サイトを変える必要があります。在職中に転職エージェントを利用して転生するのはメリットも大きいですが、その分デメリットもあり得ることを覚えておきましょう。