在職中の転職活動でネックになるのが面接の予定の立て方です。その日の仕事が終わってから面接の予定を入れたり、休日に面接をしてもらったりする必要が生じます。有給を使って面接の予定を入れる方法もありますが、何度も利用できるわけでは無いため、たくさんの企業に応募する計画を立てている人は、難しさを感じるかもしれません。募集企業側も応募者の状況をある程度尊重してくれる場合があります。在職中の転職活動をする人が増加しているためです。だとしても、採用担当者に甘えてしまうのは避けるのは最低限のマナーです。面接の際に覚えておきたいマナーや注意点をまとめてみました。

面接の日程調整する際の注意点

在職中の転職活動で時折生じるのが面接の日程調整です。当初予定していた日に、重要な仕事が入ってしまい面接に行けなくなる場合があります。このようなケースでは、早めに募集企業に連絡を入れなければなりません。メールは手軽ですが、ビジネスマナーとしては不十分です。応募者としての誠意を見せるためにも、必ず募集企業側の担当者に直接電話で連絡を入れるようにしましょう。そのような態度を示すか示さないかで、その人に対する印象は大きく変わってしまう可能性があるからです。

電話を入れる際の注意

電話で面接の日程変更を依頼する場合、言葉遣いに注意を払うようにしてください。ぶっきらぼうだったり、囁くような話し方だったりすると、相手側に不信感を抱かせてしまいます。申し訳ないという気持ちを表すために、はっきりとした言葉遣いを用いるようにしてください。相手がOKを出したとしても、申し訳ない気持ちを必ず再度表しましょう。誠意は人に伝わりますが、相手に対する失礼な態度や話し方も同時に影響を与えます。転職を成功させるためにも十分注意を払いましょう。

予定を変更したらその日付を必ず守る

電話で面接の日程を変更してもらえた場合、決定した日付をずらさないようにしてください。募集企業側は予定していた時間を無理に変更してくれているわけですから、それ以上甘えることはできません。担当者が日程を伝えてきた場合、そのことに必ず感謝するようにしましょう。感謝の気持ちがあるかないかで相手が受ける印象はかなり変わってくるからです。

電話で連絡できる時間帯を守る

面接の日程を変更してもらうために電話を入れる場合は、時間帯に注意してください。採用担当者も業務の一環として面接を行なっていますので、ビジネスマナーとして午後7時までに連絡を入れるようにしましょう。もし午後7時を過ぎてしまった場合は翌日以降に連絡を入れてください。連絡を入れる時間帯によって、マナーがなっていない人と判断されてしまう可能性があるため注意が必要です。採用担当者としては、ビジネス上のマナーを守る人を優先的に採用したいと思うはずです。採用担当者の立場にたって物事を考えるようにしてください。

面接の日程調整を2度以上遅らせるリスク

面接の日程調整が効くのは1回目までです。1度面接の日程が変更できたので、きっと2回目も大丈夫だと自分で判断しないようにしてください。仮に自分がクライアントだとすると、営業が商談を2度変更してきたら、その営業から購入したいという気持ちは薄れてしまうものです。同様に採用担当者が当初はその人の採用を考えていたとしても、繰り返し面接の日程を延期されたら、採用したいという気持ちが薄れてしまうものです。

面接の日程調整は1度まで

募集企業の採用担当者は、在職中の転職活動の実態を把握しています。そのため突然の予定変更が生じることもある程度織り込み済みです。しかしながらその人を採用しなければいけないわけでは無く、他の応募者を採用することもできます。面接の予定変更を受け入れてくれた場合、それは最大限の配慮だとみなした方が良いでしょう。ビジネスの世界では変更はそれほど多くの回数効くわけではないのです。

リスクを減らして面接の日程調整を依頼する方法

面接日程を調整してもらう場合、自分から採用担当者に連絡を入れるのが基的なマナーですが、中には意志を伝える自信があまりない人もいます。在職中に転職活動をしている人の多くが、転職エージェントを利用していますが、エージェントを通じて日程の調整を依頼する方法もあります。転職エージェントは採用担当者と定期的に連絡を取り合っていますので、担当者の人柄を良く知っています。日程調整がすんなりいきそうな人とそうでない人の違いにも精通しています。

もし急な仕事の予定などで面接の日程調整をしなければならない場合は、転職エージェントに前もって打診して、希望が通りそうな企業かどうかを確かめると失敗するリスクが減ります。ケースバイケースですが、転職エージェントが直接連絡を取ってくれることもありますし、自分が直接連絡を取る必要がある場合もあります。どちらの場合も、日程調整が効くのは1回が限度です。