在職中の転職活動はできるだけ会社に知られずに進めたいものです。どこで情報が漏れてしまうか分からないので、在職中の転職活動はより慎重にする必要があります。時には会社の同僚だけでなく友人や家族にも内緒で転職活動を進めたいと思うこともあるかもしれません。会社にばれないように転職活動をする際のコツをまとめてみました。

会社にばれない会社探しのコツ

求人情報を探す場合、インターネットを利用するのが主流です。気を付けなければいけないのが、会社のパソコンを利用して情報収集することです。会社のパソコンは履歴を消したとしても、ログがサーバーに記録され、どこにだれがアクセスしたかが残ってしまう場合も珍しくありません。転職活動で会社のパソコンを使うのは厳禁です。会社のパソコンを使わずに、会社にばれずに会社探しをする方法はいくつかあります。

外回り営業の時間を活用する

外回り営業中の昼休みや休憩時間中に求人情報を探す方法があります。スマートフォンやタブレットがあれば、外出先でもインターネットにアクセスできるので、時間を有効に活用できます。この場合、モバイルネットワークに接続する必要があるので、転職期間中だけモバイルルーターを契約した人もいます。コンビニやファーストフード店で公衆無線LANを利用して検索するケースもあります。ネットカフェに行って情報収集をするのもありです。

募集企業を確認するために有給を取得

募集企業を確かめるために、有給を取った人もいます。有給を取る時は何か別の理由を考えて取る人もいるようですが、説明の仕方によっては言い訳のように聞こえてしまう場合もあるので、あまり多くは語らないほうが安全です。病欠などの理由を付けて会社をずる休みする方法もありますが、移動中に会社の同僚とばったり会ってしまったり、気づかない所で見られていたりする危険もあるので、ほどほどにした方が良いでしょう。

転職サイトに登録するメールアカウントに注意

転職サイトにメールアカウントを登録する際は、会社のパソコンでチェックできない新たなアカウントを使うようにしましょう。会社のパソコンで個人のメールアカウントを送受信できるようにしている人もいますが、その場合メールチェック中に同僚に見つかってしまう可能性もあります。メールはスマートフォンだけで送受信できるようにしておくなど、工夫が必要です。

会社にばれない企業とのやりとりのコツ

募集企業の採用担当者が会いたいと言ってきた場合は、打ち合わせの場所に注意してください。上司や同僚に見つかる心配が高いので、勤務先の近くや、通勤ルート内で会わないようにする必要があります。だれにも知られないように、職場から遠く離れた場所や、深夜に会う約束をする人もいます。

連絡できる時間を定めておく

転職エージェントや採用担当者からの電話が勤務時間内にかかってくることが無いように、あらかじめ連絡が取れる時間を決めておくと安全です。残業や別の仕事が舞い込んできた場合は、メールで連絡を入れて、大丈夫な時間帯を知らせておくとよいでしょう。あるいはメールでの連絡のみに限定し、電話連絡が必要な場合は、こちらからかけるようにしておくのがベターです。

転職活動用の携帯を別途用意する

裏ワザ的なやり方に、転職活動用の携帯を別に用意するという方法があります。プリペイド式携帯なら、維持費がそれほど高くはないので、転職活動に向いています。着信が付いていたら、こちらからかけ直すようにあらかじめ打ち合わせておけば、電源を切っていても大丈夫です。今のほとんどの携帯には、電源をオフにしている場合、SMSで着信通知が送られるようになっています。別の裏ワザとして、募集企業からの郵便物を受け取るために私書箱を用意する方法もあります。

会社にばれない面接のコツ

在職中の転職活動の大きなハードルが面接です。平日の面接ならば、仕事が終わってから面接をしてもらうように調整する必要があります。服装などでばれてしまう可能性もありますから、細心の注意を払わなければいけません。例えば、作業着や私服で出社する会社に勤務している場合は、スーツを駅のコインロッカーにしまっておくとばれずに済みます。採用担当者に連絡を取り、それから面接に行く方法もあります。面接のために多くの努力を払っている人は少なくありません。

出張とセットにしてもらう

出張の予定が入っている場合、予定を1日長くしてその日に面接を入れる人もいます。注意したいのは、会社の同僚や上司に目撃される可能性です。営業の場合、外回り中の同僚に見つかる可能性があるので、クライアントの場所を前もって確認しておき、安全なルートを見つけておきましょう。場合によってはレンタカーを借りたり、タクシーを利用したりして見つからないようにすることもできます。在職中の転職は神経を使いますが、うまくかわす方法を身に着けておけば、恐れる必要はありません。