在職中の転職サイト・転職エージェントのへの登録

在職中に転職活動を行なうのに役立つのが、転職サイトです。希望に合った最新の求人情報を検索できるので、時間があるときに閲覧して応募できます。転職サイトは便利ということは分かっているものの、在職中に転職サイトに登録するのは大丈夫なのか、と思うかもしれません。このような考えの背後にあるのは、転職活動は一旦会社を退職した後に行なうものだという固定観念です。かつて転職は退職後に行なうという考え方が一般的でしたが、今は在職中に転職活動を行なうことに抵抗を感じない人が増えています。時代のニーズに合わせて転職サイトも変化していますので、問題なく登録できます。

転職サイトへの登録は難しくありません。会員登録フォームが用意されていますので、住所や氏名、連絡先、希望する職種を入力します。備考欄が設けられている場合には、在職中である旨を入力しておきましょう。その後に表示される会員登録決定ボタンをクリックすれば、登録が完了します。情報が漏れてしまうのでは、と不安に思うかもしれませんが、転職サイト側は守秘義務があるので、外部に情報を漏らしてしまうと罰則が適用されます。ですから情報漏洩の心配は不要です。会員登録を済ませれば、いつでも好きなときに情報を閲覧できます。

転職サイトを登録する場合、スキルシートへの入力を済ませておくと、検索がスムーズに進みます。スキルシートには、これまでの経験やスキルを入力しておきましょう。経歴などを入力する項目がある場合には、時系列順に入力していきます。正確に入力すれば、履歴書や職務経歴書を作成する際に、情報を参照できるので、後になって何かと役に立ちます。入力内容に間違いが無いかを確かめて、スキルシートを保存しておきましょう。入力内容に間違いがあることが分かった場合は、会員画面から訂正依頼できます。

転職サイトへの登録と併せて利用したいのが転職エージェントサービスです。ほとんどの転職サイトでは、転職エージェントサービスを提供しています。転職エージェントは多くの転職をサポートしてきた実績があり、募集企業側の担当者との太いパイプを持っています。そのため、会員ごとに登録情報にマッチした求人情報を提供できます。面接の日程調整や、待遇面での希望などは転職エージェントと通して行なえるので、何かと役に立ちます。転職エージェントサービスは会員登録後、すぐに利用できるようになります。

昼休みに応募企業探しと登録

仕事の昼休みを利用して、転職サイトを使った求人情報のリサーチをしたい、と思っている人も多いのではないでしょうか。昼休み中に応募企業を探したり、情報を登録したりする場合には、注意が必要な点があります。絶対に避けたいのが、会社のパソコンを使って応募企業探しをしたり、会員登録をしたりすることです。サーバー管理者がログを閲覧できるので、休憩中に会社のパソコンを使用してどこにアクセスしたかが分かります。転職活動をしていることがばれてしまうと、やっかいなことになる可能性が高いので、会社のパソコンを使って会員登録をしたり、応募企業探しをしたりしないようにしましょう。

スマートフォンやタブレットをお持ちであれば、これらのモバイル端末を使って、昼休み中に応募企業探しができます。スマートフォンなどを利用する場合は、会社の無線LANを利用するのではなく、モバイルネットワークを利用してアクセスする方が無難です。応募企業探しをする場合は、周りに人がいないかを確認して利用すると良いでしょう。万一に備えてのぞき見防止フィルムを貼っておけば、近くにいる同僚に盗み見される心配がありません。

気に入った企業が見つかった場合は、スマートフォンやタブレット端末で登録できます。パソコンを使用するのと同じ感覚で登録ができるので簡単です。転職エージェントサービスを利用している場合は、前もって連絡できない時間帯を知らせておくと良いでしょう。これらの点に留意しておくなら、プライバシーに配慮しながら転職探しができます。

会社終わりと休日に面接の調整

転職エージェントを利用することで、面接日程を調整しやすくなります。転職エージェントたちは企業の採用担当者や面接官との連絡を密に行なっているので、応募者の希望を直接伝えることができます。例えば面接の日程を平日ではなく、休日に入れてもらったり、仕事が終わってからにしてもらったり、といった調整が可能です。自分でこれらのことをしようとすると、とても大変ですが、転職エージェントは同じ立場の転職を何度もサポートしてきた経験や実績があるので、失敗せずに調整してもらえます。転職エージェントと連絡を取り合う際にも、会社のパソコンを使ってメールの送受信をするのではなく、スマートフォンやタブレットを利用する方が良いでしょう。メールは仕事で使用していないものを使うようにしてください。