仕事を辞めたい・会社を辞めたいときのチェックポイントその1

今すぐ会社を辞めたい人がチェックすべき7項目

「こんな会社もう辞めてやる!」と思った時にはそのまま衝動に走らず、冷静に自分の状況を見直してみましょう。仕事のノルマや忙しい生活に精神的に追い詰められてそう考えるようになってしまった可能性もありますし、精神的な余裕を持てるようになれば辞める気が薄まる場合もあります。また、辞めた後にどうするのか、再就職にこぎつけるのか、それまでの間きちんと生活できるのか、現実的な視点で状況を判断したうえで退職に踏み切る必要があります。感情的・衝動的な決断だけは絶対に避けなければなりません。

そんな今すぐ会社を辞めたい人が現実的に可能かどうかをチェックすべきポイントが7つあります。このうちいくつ当てはまるのかを自分で確認し、該当する項目が多い場合には退職できる環境にある、少ない場合には今の職場でもう少し様子を見てみるといった判断をするのです。

1つ目は退職後の生活環境。辞めてしまえば当然収入が途絶えるわけですから、その後の生活のことを考えなければなりません。家賃や食費をはじめとした生活費は通常現在の収入に合わせた水準になっています。毎月コンスタントに貯金ができている人はごく少数でしょう。そのため辞めてしまうとたちまち生活難に陥ってしまうこともあります。辞めた後は倹約が必要になりますが、携帯電話やネットなど必要なものまでも切り詰めなければならないような状況は避けなければなりません。

この生計の問題と深く関わってくるのが現在の貯金の状況です。厳しい就業環境にある現代社会では再就職までに時間がかかってしまう恐れもあります。その間も生活を持ちこたえるだけの貯金があるかどうか。また公共料金やクレジットカードなどの支払い義務は翌月以降にやってきますから、負担に耐えられるだけの貯金を確保しておきたいところです。理想としては3ヵ月くらいですが、最低でも1.5か月分は必要です。

3つ目は次の仕事の見込みです。衝動的に辞めてしまう人はこの準備ができていないために再就職に苦労するケースが多く見受けられます。理想としては在職中に転職活動を行い、ある程度の見込みをつけておきたいところ。転職エージェントを利用したり、これまで培ってきた人脈なども活用してある程度の見込みを立てておきましょう。

4つ目は現在抱えている問題を上司に相談できるかどうか。就業環境や担当を替えて欲しい、異動を希望したいといった相談ができる職場環境かどうかも大事なチェックポイントです。思い切って相談してみたらあっさり解決するケースも見られます。逆に相談そのものすら応じてくれそうにない環境なら辞める十分な理由になるでしょう。

5つ目は先輩が置かれている状況のチェック。サラリーマンは一人前になるまで3年ほどかかると言います。3年上の先輩が自分と同じような環境で働いている場合にはこの職場はあまり将来が見込めないと言わざるを得ません。

6つ目は4つ目ともかかわってきますが、上司との信頼関係が築けているかどうか。先ほども悩みの相談だけでなく、仕事上でもコミュニケーションが取れているかどうか。これはモチベーションとも関わってくる重要なポイント、ひどい場合だと功績はすべて自分のもの、ミスは部下に押し付けるといった上司も見られます。

7つ目は職場の人間関係。スムーズな人間関係で仕事ができることはほとんどありませんが、どれだけ合わない人がいるか、一緒に仕事をしていて辛いと感じるかがポイントです。目安は半分。一緒に働くスタッフの半分以上が合わない人だと自分の能力を発揮する機会が失われてしまいますし、モチベーションの維持も困難になります。合わない人が1人2人減ったところでどうにかなる状況でもないので退職した方が賢明といえます。

7項目で4項目以上当てはまる方は転職のタイミングかも!

これら7項目のうち4項目以上当てはまっている方は転職のチャンスと言えます。一ヵ月後には経済状況が変化してしまっているかもしませんし、次の再就職先が見つかりにくい状況になってしまっているかもれしません。職場に現在の状況を改善させる余地があるかどうかを確認し、現実的に退職後の生活と転職活動がなりたつのかを判断したうえで行動に踏み切るようにしましょう。

転職までのスケジュールを立てる

ただし実際に退職する前に転職のスケジュールを立てておきましょう。辞める際には引継ぎやあいさつ回りなどいろいろとやることがあってなかなか時間が確保できませんし、やめた後にスケジュールを立てるのでは時間がかかってしまいます。何度か触れたように退職後は経済上の事情からできるだけ早く転職活動を開始し、早めに再就職を実現することが鍵となりますから、スケジュールを綿密に立てたうえで退職に踏み切るようにしましょう。単に転職活動そのもののスケジュールだけでなく、プライベートのスケジュールも踏まえながら立てていくのもポイントです。