35歳以上の3人に1人は仕事を辞めたいってホント?

仕事のミスマッチなどの理由で離職するケースが増えていると言います。また離職に踏み切らないまでも今の職場に不満を抱え、できることなら辞めたいと考えている人が増えているとも言います。不安定な就業環境と働く人たちの不満の複雑な状況が現代社会に影を落としている面もあるのです。

こうした離職の問題はおもに20代に関してよく話題にされます。冒頭にも挙げた職場のミスマッチが原因で辞めてしまう、入社する前の希望やイメージと違っていたのでもっと自分に適した仕事をしたい、さらには仕事が辛くて耐えられないといったケースです。20代前半~後半くらいならこうした事情も理解できますし、実際に辞めるかどうかはともかく誰もが一度は「この会社を辞めたい」と考えたことがあるはずです。

しかし実際にはこうした若い世代ではなく、35歳以上の社会人の3人に1人は辞めたいと考えていると言います。雑誌のSPA!が全国の35~45歳までのサラリーマン1000人を対象に行ったアンケート調査でも同様に結果が出ており、じつに多くの社会人が現在の職場、就業環境において不満を覚えていることが窺えます。

35歳以上の「仕事を辞めたい」との思いは20代とは事情がまったく異なります。社会人としてそれなりのキャリアを積み、それなりに安定した就業環境・経済状況を得ているなかで辞めたいと考えるのですから、よほどの事情が考えられます。また、20代と違ってより現実的な視点で「辞めたほうがいいのではないか」と考えるケースが多いのも特徴です。

たとえば働いている会社の経営状況に不安があるケース。もし破綻などしてしまった場合にどうすればよいのか、そうなる前に早めに安定した経営状況の職場へ移った方がよいのではないか、といったケースも考えられます。こうした「大人の事情」も深く関わっているだけにこの年代の「会社を辞めたい」は複雑なのです。

仕事を辞めたい派の理由

ではどうして35歳以上になって仕事を辞めたいと考えるのか、その理由はやはり多様で複雑です。もっとも多いのは収入増。この点に関しては単に収入を増やしたいという希望だけでなく、子供が大きくなって教育費がかさむようになってきた、家の購入を検討しているといった現実的な経済事情も深く関わっています。つまり収入を増やしたいというよりも「増やさなければならない」状況になったことが理由となるのです。

それから「もっとやりがいのある職場で働きたい」。これは20代でもっとも多くを占める理由ですが、35歳以上でも侮れない位置を占めています。ある程度年齢とキャリアを重ねたからこそ、現在の職場の現実を知ったからこそもっとやりがいのある職場で働きたいと思うものなのでしょう。また35歳にもなると昇進・昇給などである程度限界や壁が見えてくるようになりますから、この点でもっとやりがいを、つまり収入増や昇進が期待できる職場で働きたいと願うケースも多い傾向にあります。

就業環境に不満を感じるケースも少なくありません。とくに残業続きなど仕事が忙しくてプライベートが充実できない不満がきっかけで仕事を辞めたくなるケースが多いです。これも若い世代にも見られるものですが、35歳以降の場合では異性と出会う機会が得られない、あるいは子供・家族と接する時間が確保できないといったより現実的で切実な事情が出てきます。また友人と会う機会をなかなか確保できないのも大きな問題です。年齢を重ねれば重ねるほど新しい友人を作るのが難しくなりますから、現在の友人関係を大切にする必要があるにもかかわらず仕事のせいでそれができない、そんな不満も浮かび上がってきます。

その他この年代ならではの事情として独立を検討しているケースなどもあるでしょう。

仕事を辞めたくない派の理由

一方では仕事を辞めたくない理由も複雑です。やはりもっとも多いのは安定した雇用環境を捨てたくないというものです。35歳以上ともなれば転職・再就職は決して容易ではありません。勢いや衝動で仕事を辞めたらたちまち生計がなりたたなくなってしまった、というケースも少なくありません。先ほども触れたように年齢を重ねるにつれて生活費が増大していきますから、高収入が得られる環境を簡単に捨てるわけにはいかないのです。

経済的な事情も大きな理由です。すでにマイホームを購入してローンを支払っている場合、高収入を得られる環境を捨てるのはあまりにもリスクが大きすぎます。先述した子供の教育費も同様です。辞めたいか辞めたくないかではなく、辞めるわけにはいかない、そんな事情が透けて見えます。

今の日の経済状況で定職を手放すわけには行かないといった現実的な視点が多く、この世代の複雑な事情が透けて見えます。まだまだこれから、という意識と、そう簡単に現在の生活を捨てるわけにはいかないという意識の板ばさみにあっている面もあり、それがますます「仕事を辞めたい」と思わせる理由になっているのでしょう。